車の中の臭いへの対処の仕方

車の中特有の臭いは、苦手な人にはかなりきついものがあります。ですが、いつも一人で乗っていると慣れてしまいがちになり、他人にとっては悪臭と感じられるようなものであっても、感覚が麻痺して感じられなくなっているということはよくあります。特に喫煙の習慣がある人だと鈍感になりがちです。
このようなことについては、風呂上がりで体の匂いが落ちているようなときに、落ち着いた状態で社内の臭いを嗅いでみるといいでしょう。友人に手伝ってもらって確認してもいいでしょう。
車の中の臭いは、こまめな掃除を怠っていたり、車の中での食べこぼしや飲みこぼしの有無や、ペットを乗せていたりなどのさまざまな生活臭によるものです。さらに、さまざまな臭いが交じり合っているため、原因がはっきりしないのも特徴です。この臭いを解消するためには、シートやフロアカーペット、ルーフやドアといった、布地が使われている部分について徹底的に掃除してやります。これでまだ臭いが消えないところで芳香剤や消臭剤を持ち出してみるといいでしょう。
また、タバコを吸うドライバーは特に臭いの問題について気をつけるようにしてください。タバコの煙は愛煙家以外にはかなりの悪臭として感知されますし、車の中にその臭いを閉じ込めてしまうことになります。室内でも閉め切った部屋でタバコを吸っていると臭いがこもってしまいます。社内でタバコを吸う際には、外気導入にして窓を開けるようにしましょう。